意外と多くの方に関係してくる可能性

最近、しばしば耳にすることがある障害年金とは、一体どんなものでしょうか。

実は、意外と多くの方に関係してくる可能性があるものですから、ここで一度整理してみましょう。

まず、障害年金とは、病気や怪我で後遺症が残るなどした場合、その程度に応じて公的年金加入者に対して支給されるものです。

国民年金加入者ならば、障害基礎年金、厚生年金加入者ならば、障害基礎年金に加えて障害厚生年金を受けることが出来ます。

但し、公的年金の加入期間の3分の2以上の保険料の納付があるか、または免除を受けていること、そして前々月までの1年間に保険料の未納がないことが給付条件ですから、ここは要注意ですね。

それでは、障害基礎年金を見てみます。

これは、国民年金加入中の方が病気や怪我により、法令に定められた障害等級表で1級、もしくは2級に該当する場合になって支給されるものです。

平成26年4月現在の年間支給額は、1級の方が96万6千円、2級の方が77万2千8百円となっています。

そして、障害厚生年金を見てみましょう。

これは、厚生年金加入中の方が病気や怪我により、障害等級表で1級、もしくは2級に該当する障害状態となった場合に、障害基礎年金に上乗せして支給されるものですね。

因みに、障害程度が2級に該当しない軽度の場合、3級の障害厚生年金が支給されることになっています。

障害厚生年金の年間受給額は、障害の程度や報酬比例の年金額、配偶者の有無などによって、対象者によって大きく異なっています。

Copyright © 2017 CamWebTop All Rights Reserved.